×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

しみを消す方法を考える前に

しみを消す方法を考える時、まず最初に注目していただきたいことは、なぜしみが出来るのかその原因です。しみがどのようなメカニズムで出来るのか知ることにより、どうしたらしみを消すことができるのか、またどうしたら予防できるか見えてくると思います。

細かく言うとしみにも色々ありますが、一般的に言って紫外線やその他の原因により、表皮にメラニン色素が沈着し、皮膚の他の部分より黒ずんでしまった状態をしみと呼びます。そばかすもまたしみの一種と言ってよいでしょう。さてこのしみの出来る原因ですが、皮膚の一番下の層、基底層と呼ばれる部分にあるメラノサイトと呼ばれるものが、紫外線など外からの強い刺激に反応してメラニンを作り、そのメラニンが皮膚に残ってしまた状態がしみです。原因は他にもありますが、最も多い原因がこの紫外線によりできるしみです。つまりしみやそばかす対策を考える時、最も注意すべきものは日差しであり、しみを消す方法や予防法もその辺を重点的に考えていくべきでしょう。


>>シミを消す画期的製品はこちら!



しみを消す方法(予防編)

しみを消す最も効果的な方法はしみを作らないことです。「そんなの当たり前じゃない」そんな声がきこえてきそうですが、実際、この予防が出来ていない人があまりに多いのが現実です。しみの予防ができていなければ、いくら今あるしみを消したところで、どんどん新しいしみが出来てくるので、「しみを消す⇒新しいしみが出来る」のいたちごっこになってしまい、せっかくお金をかけてしみを消しても無駄になってしまします。しみを予防するのに最も大切なことは紫外線を浴びないことです。ということは日焼け止め対策が重要となってきますが、日が出ているときは注意していても曇っているときは余り気にかけない人が多いのではないでしょうか? また日差しの強い夏は気をつけていても冬はおろそかになっている人も多いとか思います。曇っていてもある程度の紫外線は地上まで届いていますし、量の差はあっても紫外線は一年中地上にふり注いでいるものです。天気を問わず、また季節を問わず、外出するときは紫外線対策を心がけましょう。

しみを消す方法いろいろ

しみを消すことよりまずは予防することが大事だと書いてきましたが、現実問題として、いくら気をつけていてもちょっとした油断で出来てしまうのがしみです。実際、このサイトをみているあなたも、しみを消す方法を探していてこのサイトにたどり着いたのではないでしょうか? そういうわけで、ここでは出来てしまったしみを消す方法を紹介していきたいと思います。まずもっとも手ごろなのはしみを消す化粧品ですね。これは各メーカーが様々な種類の美白化粧品を販売していますので、クチコミなどを利用してリサーチしてみると良いでしょう。効果は人それぞれですが、しみでも初期段階ならある程度の効果は期待できます。次はエステなどで提供されるブリーチクリームでしょうか。これも効果には個人差はあるようですが、一般的に市販のものよりしみを消す、または薄くする効果は高いようです。最後に、これが最も効果が高く手っ取り早いと思いますが、エステや医療機関によるレーザー治療です。両者の違いは薬事法による出力規制から、エステより医療機関の方がしみを消す効果が高いようです。

 

Copyright © 2008 しみを消す究極の方法を探す

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。